心を動かす動画制作

動画制作知っておきたい著作権のこと

動画制作を行う理由

動画制作を行う理由 あらゆる企業が販促活動に努力していますが、販促活動は一般的に明確に費用対効果が見えにくい世界です。
かかった費用に対して商品が確実に売れるかどうかが不明な為、予算を大きく割くかどうか経営の判断が分かれるところです。
新聞広告を売ったり、チラシを入れてみたりすることも一つの方法ですが、実際にどの程度購買に繋がるかは明確ではありません。
そこで、最近注目を集めているのが動画制作です。
これまでの販促では実際に商品を使っている場面を消費者に見てもらうことが難しいものでしたが、動画制作を利用すれば、実際の使用感を実感してもらえるのが一つの理由です。
また、制作にかかってくる費用とチラシを印刷した場合の印刷業者に支払う料金と配布要員の人件費を考えた場合に、決して動画を作る方が高額になるとは限らないことも理由の一つです。
限られた販促予算の中でいかに効果的に消費者に訴えかけられるかを追求している企業にとっては選択肢の一つになるでしょう。

動画制作知っておきたい著作権のこと

動画制作知っておきたい著作権のこと 動画制作のツールの普及に伴い、誰でも動画を作ることができる時代です。
ただ動画の作り手の多くが著作権について、詳しく理解していない人が多いの現状です。
動画サイトで上げられている多くの動画には音楽やBGMが流れているものが圧倒的に多いです。
自由に自分の作る動画に音楽やBGMを流しても良いように見えます。
ただし実際のところはその流したい音楽の著作権者に許可を貰わない限り、自分の動画に音楽を流すことはできません。
大手の動画サイトなどは音楽の権利を一括に管理する著作権管理団体と包括利用許諾契約を結んでいる為、その団体が管理している音楽については使えます。
ただしこれにもルールがあり、自分で使いたい音楽を機械で打ち込むか演奏する必要があります。
なのでCD音源は基本的に用いることはできません。
動画制作に画像を素材として使う人もいると思います。
そのとき著作権がフリーの画像以外無断で使用することはできません。
なので画像を探す際はその辺に注意して検索しましょう。